というわけで京商グランプリです。

今年で3回目の参加になりますが、前回を反省してゴムとGTのダブルエントリーにしました。トリプルは忙しすぎるしスポンジ車はセットが出ていないもんで・・・

1日目の朝は前日の雨でコースが凍っておりました。

この影響で予選が1回キャンセルになり3ヒートとなりました。去年と同じですね。

毎日コースをメンテしてくれる小室さん、お疲れ様です。

 

ピットは相変わらず散らかっております。GTが存在するとどうにもならないんですが、なんかうまい方法無いでしょうか?

GTはノーメンテだったので、この隙にダンパーオイルを交換しました。1000番が入っていましたが、路面が悪いので900に変更。さときち号(GT3)よりダンパーは硬かったな。タイヤはレースでしか下ろさない新品タイヤにする。

フリー走行があったので走らせてみた感じ、新品の剥いてないタイヤは全く食わないことが判明。その他はとくに問題ない。タイヤを剥く必要があることが判明したので、両日朝一に新品タイヤを投入することに決め練習走行に突入。

練習走行は特にミスなく走っているけど平凡な成績に。しいて言えばインフィールド中央が握っても加速しない。クラッチかデフかな?

1日目の2本終わった段階で9位。目標のさときち号に勝つというのは達成されているが、なんかパッとしない結果に終わる。車が思ったより遅いんですよね。

 

2日目、朝からエンジンとデフを下ろす。デフはフロント8万、リア2万を入れました。クラッチは開けてみるとスプリングのところまで削れていたので、シューとベルを両方交換。これで加速が良くなるはず!!

予選3本目、メンテのおかげかベストラップが0.3秒向上! 予選7位で初Aメイン。ただ、ここより上は次元が違う感じがしますよ。

決勝は、今回から導入したフューエルガンの効果もあり、特にミスなく7位をキープしてゴール。ミスなく走ったのに上位にはどんどん置いていかれるのはなんなんでしょうか? GT2の限界かXR-Bが非力なのかあたりが言い訳として考えられます。結果を見てみるとトップと1秒近くラップが離れておりました。

決勝レースはどなたかが動画を撮ってくれていました。