SRTでの走行時から各部のガタが目立っていたのと2速に入るときに暴れる感じがあったので、帰ってきてから即メンテです。

アッパーアームのガタは、アルミのホルダーに入れるプラパーツが摩耗しておりました。アルミから飛び出ているところの厚みが半分くらいになってました。交換したらガタなくぴったりに。アルミホルダーの曲がりじゃなくてよかった。

リアサスアームも前後に挟んである1mmのシムが0.9mmくらいになっていたので交換。

2速はアルミベルが結構傷になっていました。直径を図ると結構減っていた。

新品はこんな感じ

もったいないので、400番のペーパーで傷を慣らして再利用。このパーツはベアリングが圧入なのでベアリングが死んだときに交換します。