今回はグリーンパークです。

路面はドライだけど、花粉の予感。

今日はスポンジTGとトゥエルブです。

CRCの時に穴だけあけて放置してあったBMR12があったので塗ってきました。長穴になってしまったけど仕方がない。BMRはモーター端子の逃げが全くないのでマウントが難しかったです。BMR12.1ってボディが出てるのでこっちは改善されているのか?

1パック目、リア白缶1時間、フロント内側から1/3 5分で行ってみる。曲がらない…

そして走行後はこんな姿に…

オフロードか!?

くしゃみが止まりません…

2パック目はフロントを内側から2/3に塗り幅を増加したらよい感じになりました。

3パック目、ステアリングを切りこんだ時に唐突に巻くことがあったのでキャンバーを1.5から2に変更。これも良い結果になりました。

 

スポンジTGはいつも通り748でやります。

748のセッティングシートを読み漁ってもそうなんですが、ヨーロッパではコンビタイヤを使っていないようです。レギュレーションで使えないことが多いと聞いたような気がする。ということで、コンビタイヤではフロントが強すぎるんじゃないかと思い今回はUNOのノーマルタイヤで行きます。フロント35リア37です。

タイヤ以外はSRTセットのままボディをP37にして走行。意外と普通に走る。ただやっぱりあまり曲がっていないような気がしたので安定感を出すために上げてあったリアアッパーアームを下げようと思い車を見てみるとなんかリアキャンバーが可変になっている?

こんなところが割れておりました。一番下以外は使えなくなりましたが、最下段内側に変更はできたのでとりあえず走る。

外側下から2段目より曲がり、最下段外側よりはマイルドな感じがする。タイヤがいつもと違うのでもう一度試してみる必要があるけどパーツ買わないと。300円以上するんだよなぁ。サーパントは金属とカーボンパーツが高いです。プラパーツとクラッチはそれほど高くない分XRAYよりは若干維持が楽かもしれないけど外車は高い!

アッパーアームを変更したことによりインフィールド真ん中の斜めに渡るところと最終コーナーが全開で行けるようになった。ハチイチのコーナリング時の音みたいになったが回しすぎと思われる。全開と引き換えに温度が160℃になったのでどういう方向にすればよいか分からなくなる。

 

向かいでR4にノバロッシを積んでタコ踊りしていた人はこんなところを壊す。

メンテはしっかりやりましょう。